ちがさき VELO FESTIVAL に参加しました

私たちスマートサイクリング事務局は、2012年11月23日(金)に神奈川県茅ヶ崎市で開催された「ちがさき VELO FESTIVAL」に参加しました。

茅ヶ崎市は平坦な地が多く自転車の利用が盛んな街で、自転車の活用と安全のための取り組みも積極的に推進しています。さらに、日本人で初めてツール・ド・フランスを完走し、ロンドンオリンピックでも活躍したプロロードレース選手 別府史之選手の出身地でもあり、昨今は「自転車のまち」とも言われているそうです。

そんな茅ヶ崎市で開催された「ちがさき VELO FESTIVAL」は、自転車好きの大人だけでなく、自転車に乗り始めたばかりの子供にも楽しめるイベントでした。

エキシビジョンレース
写真はイベントの目玉であったプロロードレース選手によるエキシビジョンレース
先導は服部市長でした
スタート時の先導を努めたのは、なんと!! 
服部信明 茅ヶ崎市長でした

レースは、沿道に詰めかけた市民からの熱烈な声援を受けた別府史之選手が見事勝利!! 
市街地でのエキシビジョンレースとは思えないほどの迫力で、私たちも感動しました。

当日は私たちもブース出展し、スマートサイクリング活動の紹介とともに、自転車保険の必要性を訴えました。
このイベントのために用意したノボリやスマートサイクリングロゴ入りの風船でブースを飾り、より多くの方にブースにお立ち寄り頂けるよう工夫しました。

au損保ブース
いかにも手作り感満載のブースだと思いませんか?

当日は、あいにくの雨模様でしたが「スマートサイクリング」をたくさんの方に広めることができました。
また、思ったとおり、スマートサイクリングロゴ入りの風船が子供に大人気で、会場のいたるところに浮かんでいました。

風船配布中

午後は「楽しい自転車ライフ」をテーマにパネルディスカッションが行われました。 服部信明茅ヶ崎市長、別府史之選手、プロトライアスリート&スポーツナビゲーターの白戸太朗さん、ノンフィクション作家の小松成美さん、au損保の柳専務が登壇し、別府選手のロンドンオリンピックでの体験や、茅ヶ崎市の自転車に関する取り組みなどについてのトークが繰り広げられました。

パネルディスカッション
(写真左から、白戸太郎さん、別府史之選手、
小松成美さん、服部信明市長、au損保 柳専務)

中でも印象的だったのが、「法定外路面標示」。
全国に広がりつつある自転車専用レーンはある程度道幅が広い道路でないと設置できない決まりがありますが、専用レーンが設置できない狭い道こそ「左側走行」を促す必要があります。そのため、茅ヶ崎市では「法律で決まっている標識ではないけれど、左側走行を意識する」表示を一部の道路に記し、その有効性を検証しているそうです。その表示は今回のイベントのスタッフTシャツのデザインにもなっており、なるほどの力の入れようでした。

法定外路面標示

盛上ったトークも、「楽しい自転車ライフの第1歩は“かしこく自転車に乗ること”」ということで終了しました。
イベントに訪れた多くの方々に、スマートサイクリングを広められたのではないかと思います。
楽しくかっこよく、そして安心・安全に自転車を楽しむためのイベントとなった「ちがさき VELO FESTIVAL」は、とても素敵なお祭りでした。
このような取り組みやイベントが全国に広がることを期待し、そして我々スマートサイクリング事務局も色んなかたちで応援していきたいと思います。

参考 : ちがさき VELO FESITIVAL