埼玉サイクリングショーに参加しました

私たちスマートサイクリング事務局は、2013年3月20日(水・祝)に埼玉県さいたま市で開催された「埼玉サイクリングショー」に参加しました。

埼玉サイクリングショーは、自転車の楽しみ方を広めるとともに、ルール・マナーの大切さを伝えるために埼玉県が主催する自転車の総合見本市です。意外と知られていないかもしれませんが、埼玉県は

 ・自転車の保有率が日本一
 ・日本一長い川沿いサイクリングロードがあり、グルメや自然など自転車で楽しめるスポットも豊富
 ・ブリヂストンサイクルをはじめ、多くの自転車関連企業が県内に立地

など、まさに「じてんしゃ王国」と呼ぶにふさわしい県です。
また埼玉県としても「ポタガール埼玉」を結成し「じてんしゃ王国」をPRするなど、自治体と民間企業が協力して自転車を活用した埼玉経済の活性化を目指しているとのことです。

私たちau損保 スマートサイクリング事務局は埼玉県の活動に賛同し、埼玉サイクリングショーに特別協賛し、当日はスマートサイクリング参加企業の皆さまと一緒にブース出展し活動PRをしました。

当日は会場周辺の桜も開花するほど暖かく絶好のイベント日和で、会場も午前中から大賑わいでした。

埼玉サイクリングショーの会場は大宮駅近くの大宮ソニックシティと隣接する鐘塚公園
鐘塚公園には自転車メーカーのテントが立ち並び、スポーツ自転車だけでなく軽快車(いわゆるママチャリです)やアクセサリーなども展示されていたせいか、子供連れの家族からレーシングスーツを着た方々まで色んな方がいてとても賑やかでした。

自転車での来場者にも配慮し、特設の駐輪場も用意されていましたがこちらもすぐに満車となっていました。

メインステージでは「埼玉クイズ王選手権 決勝戦」や、LOVE Bicycle埼玉公式ソング「片思いライダー」を歌う丸本莉子さん等によるミニライブも開催され、会場は大変盛上りました。

そして、同じくメインステージでは「au損保プレゼンツLOVE Bicycle埼玉トークショー」として、上田清司埼玉県知事やポタガール埼玉リーダーの宇井愛美さん、スポーツジャーナリストの別府始さん、au損保の柳保幸専務が自転車の楽しみ方や、ルール・マナーの重要性について話しあいました。
とりわけ、上田知事が「埼玉県民が簡単に入れる保険の仕組みを考えていく」とコメントされたことは、自転車保険を推進する私たちにとって、とても嬉しいコメントでした。


(写真左から) 上田清司さん(埼玉県知事)、別府始さん(スポーツジャーナリスト)、宇井愛美さん(ポタガール埼玉リーダー)、柳保幸さん(au損害保険 専務取締役)

第一展示場では私たちスマートサイクリング事務局をはじめ、自転車に関するさまざまな企業や団体がブース出展し来場者を迎えました。第一展示場は当日開催されたクイズラリーのゴール地点でもあったため、多くの方が訪れていましたが、とくに大宮競輪が開設していたスピードトライアルは大人気で長蛇の行列ができるほど。子供たちが必死にスピードを競っていました。

私たちは、自転車雑誌「CYCLE SPORTS」でお馴染みの八重洲出版、au損保の保険を付帯した自転車を販売しているイトーヨーカ堂、あいおいニッセイ同和損保とともに、スマートサイクリングのPRを行いました。
自転車のルール・マナーや、自転車保険について積極的に質問して頂ける方も多く、埼玉県民の意識の高さを肌で実感しました。また、何名かの方に「au損保に加入しているよ!」と言われたことは、ネット販売を主にしている私たちにとって、大変嬉しいお客様の生の声でした。

イベントの最後にはメインステージで全員参加のグランドフィナーレが行われ、主催者、出展者、参加者全員で盛り上がって終了となりました。写真の後ろの方に、こっそりスマートサイクリング事務局メンバーも写っています。

埼玉県と民間企業が協力し開催した埼玉サイクリングショーは、予想を超える15,000人の方にお越し頂くことができ大盛況でした。私たちスマートサイクリング事務局も、自転車のルール・マナーと自転車保険の必要性を多くの人に伝えることができました。
これからも、イベントだけでなく色んな形でスマートサイクリングの大切さを伝えていきたいと思います。

埼玉サイクリングショー特設ページ
ポタ日和