【自転車通学特集】 第4回「通学路に潜む危険を事前に察知」

安全な自転車通学をするためには、正しい自転車の乗り方を身につけるとともに、危険が少なく走りやすい通学路を選ぶことも肝心です。今回は通学路にはどのような危険が潜んでいるのか、それを避けるにはどうすればいいのかを解説していきます。

子供と一緒に走って通学路を点検

お子さんがどの道をたどって学校に向かっているかをご存じですか? これは自転車通学に限らず、いざというときのため知っておくべきでしょう。

事前に地図を使っておおよその経路を定めたら、実際に自転車にまたがって出発進行!交差点やカーブ、坂道や交通量の多い道、狭い道や街灯のない暗い道など、通学の際に注意すべきポイントをチェックします(あわせて正しい走り方を教えられるといいですね)。そのうえで経路を改めて検討し、変更が必要なところがあれば修正。このようにしておけば、「今日はちょっと帰りが遅いな」と心配になったときも、通学路がわかっているわけですから、自動車で迎えにいくこともできるので安心です。


親子で通学路をいっしょに走り、危険な箇所を確認する

走るのは幹線道路、それとも生活道路?

通学路として幹線道路と生活道路のどちらを選べばいいのか、これはなかなか悩ましい問題です。それぞれの特徴を表にまとめてみましたので参考にしてください。

どうでしょうか? 生活道路は車両の速度が比較的遅いため、なんとなく安全だと思いがちですが、脇道や建物からの急な飛び出しや信号機のない交差点での出合い頭の衝突などを考えると、必ずしもそうは言えません。実際にはいくつかの経路を走ったうえで、総合的に判断するのがいちばんでしょう。


生活道路は交通量は少ないものの、脇道から歩行者や自動車が飛び出すことも


道幅が広く見通しが利きさえすれば、幹線道路だから危険とは限らない

自転車事故の7割は交差点

交通事故総合分析センターの調査によると、自転車事故の7割は交差点で発生しています。その中でも特に多いのが、歩道を通行する自転車が交差点に差し掛かったときに自動車と衝突するものです。これはどうしてでしょうか?

車道と歩道の境はガードレールや電柱、街路樹などで遮られていることが多く、そのため車道からは歩道を走る自転車がよく見えません。そのため、ドライバーにしてみれば、交差点に進入した自転車が「突然あらわれた」ように見えるのです。一方つねに車道を走行していれば、交差点に進入する前から自転車の姿がドライバーの目に入っていますから、未然に衝突を避けることができます。このように自転車の車道走行は、自身の身を守るためにも必要だということですね。


歩道を走行する自転車は、遮られてしまってよく見えない


車道を走行する自転車は、ドライバーからはっきり視認できる

早く学校に着かなければと焦る気持ち、これが通学時に交通事故を招く最大の要因です。気持ちがそのことに集中して安全確認がおざなりになり、いつもなら慎重になる交差点にも「大丈夫だろう」と一時停止もなく進入してしまう(ひょっとしたら赤信号を無視することも……)。駐車車両を無理に追い越し、下り坂では猛スピード。これでは事故を起こさないほうが不思議というものです。こんな羽目に陥らないよう、朝は決まった時間に起きる習慣をつける。これは何も、安全な自転車通学のためだけではありませんよね。

次回

交通弱者と見なされる自転車も、場合によっては加害者になります。相手に重大な損害を与えれば、たとえ中高生であっても高額な賠償責任を免れません。次回は自転車がらみの事故の現状と、いざというときの備えとなる自転車保険について解説します。