「ワイズロード」インタビュー:安全に自転車に乗るために

まずは3つの大切なことを、しっかり意識しましょう。

「ワイズロード」渋谷本館 「ワイズロード」渋谷カスタム 店長 宮島 章さん
「ワイズロード」渋谷本館
「ワイズロード」渋谷カスタム 
 店長 宮島 章さん

スマートサイクリング事務局では、「自転車のルールとマナーを守る」「自転車の事故をなくす」を提唱することを目的に、安全と 安心のポイントを自転車と関わりの深い方々にインタビューしています。第1回目となる今回はスポーツ自転車専門店を関東一円で展開しているワイズロード・ 渋谷カスタムの店長 宮島章さんにお話しを伺いました。ご自身も通勤のため日々自転車に乗る宮島さんは自らの体験をもとに、自転車を買いに来られるお客様にこんな安全のポイン トを説明されているそうです。

安全のポイントを、分かりやすくメッセージしたい。

■安全のポイント① ~基本~
安全の基本はあくまでも自転車は軽車両であり、交通ルールをしっかり守ることです。左側通行はもちろん、最近ようやく知られるようになってきた車道通行などをお客様にお伝えしています。
■安全のポイント② ~スポーツタイプの自転車に初めて乗られる方に~
普通の自転車とのスピードの違いを説明しています。ロードバイクならば原付自転車と同じ程度のスピードが出るため、転倒した場合のダメージ も大きくなります。そのため、ヘルメットやグローブの着用をお奨めしています。頭部を守るのはもちろん大事ですが、転倒時にどうしても手で支えようとして 怪我してしまう手を保護するためにグローブの着用もお奨めしているのです。
■安全のポイント③ ~予測運転で事故を防ぐ~
私自身は常に「予測運転」を心がけるようにしています。近くだけでなく遠くもしっかりと見る癖をつけ、周囲の車が次にどのように動くかを予 測するのです。とくにスポーツタイプの自転車では前傾姿勢になることが多く、初心者はどうしてもそのまま視線を下げてしまいがちです。そのため、初めてス ポーツタイプの自転車に乗られる方には、なるべく前を向き、遠くを見ることを意識するようお伝えしています。
ワイズロードはスマートサイクリングの協力ショップとして、今後もお客様に向けて自転車の安全と安心のメッセージをお伝えしていくそうです。