新しくなった自転車のルールを知っておこう

2013年12月1日、自転車のルールが変わりました

免許が必要なく気軽に乗れる自転車ですが、法律上は軽車両として扱われ、「道路交通法」という法律でさまざまなルールが定められています。この「道路交通法」が2013年12月1日に変わりました。

正確には、法律そのものはもっと前に変わっていましたが、2013年12月1日から施行、つまりルールが適用されるようになったのです。

新しい道路交通法が施行されてから早くも2ヶ月ほど経過しましたが、その間に多くの方が疑問に思ったであろうことを、このトピックでは新しいルールの概要とともにお伝えします。

新しい自転車のルール

まずは12月1日から施行された新しい自転車のルールの紹介です。

自転車の検査等に関する規定の新設
これはブレーキに関するルールです。新しいルールでは「警察官は、内閣府令で定める基準に適合するブレーキを備えていないため交通の危険を生じさせるおそれがあると認められる自転車が通行しているときは、停止させてブレーキを検査できる」ことになりました。

簡単に言えば、ブレーキがなかったり、壊れている自転車に対して警察官がストップをかけられるようになったということです。さらに、警察官はその場で応急措置を命じることもできますし、応急措置ができない場合は、その自転車に乗ってはダメと命じることもできるようになりました。このルールに違反した場合の罰則も作られ、検査を拒否したり、応急措置の命令に違反した場合は5万円以下の罰金が科せられることにもなりました。

軽車両の路側帯通行に関する規定の整備
このルールは、「左側走行」を徹底するものです。正確には、「自転車等の軽車両が通行できる路側帯は、道路の左側部分に設けられた路側帯に限る」とされ、かなり強い表現で左側通行を命じています。
このルールにも、違反した場合は3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金という厳しい罰則が作られています。

第2回に続きます。

1