【子供のための自転車の選び方】 「子供乗せ自転車の選び方」

1

買い物へ連れて行く場合や幼稚園などへの送迎のために二人の子供を自転車に乗せる必要がある場合、子供乗せ自転車を購入する必要があります。子供一人の場合は一般の自転車にチャイルドシートを付けて乗せることできますが、三人乗りは専用に作られた自転車でなければ違反となってしまうからです。
※子供1人をチャイルドシートに乗せ、もう1人を背負う形ならば普通の自転車で3人乗りができると定めた地域もあります。

今回は子供乗せ自転車を選ぶ場合に注意すべきポイントをご紹介します。

まずは規格に適合していること

子供二人を自転車に乗せる場合は、安全基準を満たした自転車であることが法律で求められています。まずは自転車本体に「幼児2人同乗基準適合車」と記載されているか確認をしましょう。適合していない自転車では、たとえチャイルドシートを付けたとしても3人乗りは認められていません。

大事なのは安定性

自転車でもっとも重要なポイントは安全性ですが、子供乗せ自転車では「安定していること」が安全につながる大事なポイントとなります。普通の自転車よりも重くなってしまう上に、ハンドル部分に子供が乗ることになるため、普通の自転車とは乗り心地がだいぶ変わってしまうからです。また、普通の自転車ならば転倒した場合に怪我をするのは自分だけですが、子供乗せ自転車ならば、一緒に乗っている子供も怪我をしてしまいます。

チャイルドシートの位置

子供乗せ自転車では前輪のカゴの部分にチャイルドシートを装着します。ここでポイントとなるのは、その位置です。普通の自転車の場合、カゴは前輪の上に位置していますが、チャイルドシートの場合はハンドルの真ん中あたりにチャイルドシートが位置しています。
これは子供が乗った場合に重心がハンドルの軸の真上となることで安定性を損なわないようにするための工夫です。
普通の自転車のカゴに重い荷物を乗せた場合、ハンドルが意図とは別に動いてしまうこともありますが、そのようなことを避けるためにハンドルの軸の真上にチャイルドシートを置いているのです。

もっとも、チャイルドシートがハンドルの真上に位置しているとはいっても、子供がどう座るかで重心位置は変わってしまいます。子供乗せ自転車を選ぶ際は自転車店で一度お子様を乗せてみて、ハンドル操作が問題なくできるかどうかを確認することをお勧めします。

前輪の大きさ

普通の自転車では前輪と後輪の大きさは同じですが、子供乗せ自転車では前輪が後輪より小さいものもあります。
これは車輪を小さくすることで、チャイルドシートの位置を下げることを狙ったものです。
チャイルドシートの位置が低いことにより子供の乗り降りが楽になるだけでなく、重心も低くなるため安定性が増し、転倒による怪我の危険性の低下にもつながります。

他にも、子供乗せ自転車の中には前輪に合わせて後輪も小さい自転車もありますが、駆動輪である後輪が小さいと走行性能が落ちてしまうため、この点は好みが分かれるところかもしれません。

電動アシスト機能

最近の子供乗せ自転車では電動アシスト機能がついているもの多くあります。これは子供乗せ自転車では、電動アシストの強みが生きるからです。
子供を載せた場合、自転車の重量が重くなってしまい、どうしても走り出しが重く、不安定になってしまいます。しかし、電動アシストならば最初から力を入れずに走り出せるので、安定性が増すのです。

次回

次回は子供が乗る子供用自転車の選び方をご紹介します。

取材協力:ホダカ株式会社
1