「BIKEPLUS」インタビュー:初めてロードバイクを購入する方に

初めてロードバイクを購入する方でも安心できる講習を実施しています。

BIKE PLUS 三郷店 最上拓也店長

このコーナーでは、「自転車のルールとマナーを守る」「自転車の事故をなくす」ことを目的に、さまざまな自転車のプロにインタビューを行っています。今回は人気上昇中のスポーツバイクの専門店として、初心者の方に安全な乗り方の講習を行っているBIKE PLUS 三郷店の最上店長にお話しを伺いました。

スマートサイクリング事務局:BIKE PLUSの特徴を教えていただけますか?

最上店長:BIKE PLUSはスポーツバイクの専門店です。ここ数年ロードバイクが人気となり、これまでメインのお客様だった男性だけでなく若い女性などもお客様として増えてきました。もちろん、初めてロードバイクに乗るお客様も増えています。

このようなロードバイクの人気の広がりにあわせ、当店では初心者をターゲットとしたイベントや講習会を開催し、初めての方でも安心してロードバイクを購入いただける店づくりを心がけています。

スマートサイクリング事務局:何か初心者向けの取り組みを行っていますか?


最上店長:当店では初心者向けのイベントを開催しています。ショップ主催のイベントは珍しいものではありませんが、初心者向けとすることで本当に初めてロードバイクに乗る人でも気軽に参加できる雰囲気をご提供しています。座学からスタートするイベントとしているので、いきなりの路上走行には抵抗感がある方にも安心して参加いただいています。

講習会は主に当店が営業を開始する前の時間に行っています。店内で行う座学で走行中に注意すべきことや集団で走行する場合に必要な手信号などについてお伝えしたうえで、当店の駐車場で実際にロードバイクのコントロールなどの講習を行います。その次の段階で近所の十数キロを実際に走行する講習を行っています。

このような初心者向けの講習会を開催しているためか、最近では講習会がきっかけでロードバイクを購入されるお客様もいらっしゃいます。

スマートサイクリング事務局:安全な乗り方以外に初心者の方にお伝えしていることはありますか?

最上店長:講習会ではロードバイクの乗り方だけをお伝えしているわけではありません。ロードバイクに乗るうえで必要なメンテナンスについてもお伝えしています。

実は我々プロは音でロードバイクの不具合をある程度分かることができます。これは特別な能力ではなく、毎日たくさんの自転車を扱うことで、異常がある場合の音の違いが自然と分かるようになるのです。たとえば、ロードバイクをドン、と置いたときの音でガタがきているかどうか、車軸がきちんと嵌っているか、などが分かるのです。

このように音で異常が分かる私たちでも、自分のロードバイクの異常には音では気付くことができません。それは毎日乗っていると徐々に変化する音の違いに慣れてしまうからです。プロでも気付かないのですから、一般の方がメンテナンスをせずに自然と自分のロードバイクの異常に気付くことはできません。

そこで、当店ではロードバイクを購入されたすべてのお客様に対して、メンテナンスの必要性とホイールの外し方のような基本的な手順をお伝えしています。特に安全のためのメンテナンスについては確実に行うようお伝えしています。乗る前にブレーキをチェックすることは、ギアの調子などの性能面のチェック以上に重要なメンテナンス項目です。走行中に違和感があれば止まればよいのですが、ブレーキが壊れていたら止まることができません。安全な運転のためにもメンテナンスはとても大切なことなのです。


au損保の『スマートサイクリング宣言7ヶ条』にも“整備は正しくしっかりと。ブレーキチェックは怠りません”と掲げていますが、ブレーキチェックをはじめとした自転車のメンテナンスは、通勤・通学等でママチャリに乗る方々にとっても重要です!こういった講習を受けた方々が、安全な乗り方やメンテナンスの必要性を身近な人に伝えてくれることが、自転車事故を無くすための一番の近道なのかもしれませんね。

ロードバイク初心者への基礎講習を充実させているBIKE PLUSでは、次の段階としてロードバイクを楽しむための「輪行袋の使い方」などの講習会やイベントも行っているそうです。これからロードバイクの購入を考えている初心者の方は同店のイベント情報は要チェックかもしれません。

バイクプラスURL: http://www.bike-plus.com/